時計を定期的に調節するメリットとは?

とても精度の高い時計はあまり時間が狂いにくいものですが、必ずしも全ての時計が同じだとは限りません。
電波で自動的に時刻を調節できるものもありますが、値段や性能によってはそれらの機能が搭載されていない可能性もあるのです。
そういった時計を使っていればいずれ時刻が狂ってしまいますから、定期的に調整する必要があります。
少しの遅れでもビジネスに使用している場合には許されませんから、時間に対してシビアになることが必要といえるでしょう。
調節が大変だったり、面倒に感じてしまう場合には、最初から自動調節機能がついたものを購入した方が近道です。
快適に使えるようになるには色々と手間がかかるものですが、社会人としては時間に遅れることだけは避けなければなりません。
最低限のマナーとして広く一般に知れ渡っていますから、きちんと正しい時刻を把握して、社会人生活を送ってみてはいかがでしょうか。
お手持ちの時計をチェックすることから始めましょう。

腕時計のメタルバンドの調節方法について

腕時計の多くはメタルバンド式となっていますが、その中でも最も一般的なピンタイプのメタルバンドの長さの調節方法について簡単に解説します。
まずベルトの内側をよく見ると小さな矢印が刻印されていますので、この矢印の方向に合わせて、千枚通しのような先の細い工具を使い、メタルバンドのコマを連結しているピンを抜き取ります。
その際にはベルトを傷つけないために柔らかい布などの上に置き、手でベルトをしっかりと固定しながら、小さな木槌などで工具を叩いてピンを押し出すようにすると良いでしょう。
そして同じ要領で、自分の手首周りのサイズに合うだけの枚数のコマを抜き取ったら、先ほどとは逆の手順でつなぎ合わせて完成となります。
ただし自分で調節を行う場合は、先の尖った工具を使用するために指を怪我をする恐れもありますし、また部品を破損したり傷付けたりする可能性もありますので、十分に注意して作業を行って下さい。
経験のない方の場合は、できる限り専門の時計店などに調節を依頼した方が良いでしょう。

Favorite

美容はさみの販売
https://www.hien-scissors.jp/

最終更新日:2017/5/9

Copyright (c) 2015 good watch life. All rights reserved.