時計は普段の手入れが大切です。

腕時計は男性にとっても女性にとっても普段の生活にとってなくてはならないものです。
しかし実際に時計の手入れをしている人はどのくらいいるでしょうか。
壊れることがなければ1年から数年の間にメーカー等にメンテナンスに出すだけで普段はあまり手入れをしていないという人が多いが現実かと思います。
メーカーでのオーバーホールは勿論プロが行いますのできれいにしてもらえますが、実は普段の生活においても手入れをすることで時計をきれいに長持ちさせることができます。
特にバンド部分は重要です。
金属の場合汚れや汗を放置すると錆びの原因となります。
やわらかい吸湿性の良い布で拭き、風通しの良いところに置くようにします。
汚れが取れにくい場合は石鹸などを毛の柔らかい歯ブラシなどにつけて力をあまり入れずにこすり洗いします。
皮の場合は、やわらかめの布を使用して清掃します。
レンズ部分はコーティングがはがれることがあるので洗剤やアルコールなどは使用しないように気を付けます。
ちょっとしたことですがこまめに清掃することが長持ちにつながるので面倒がらずに手間をかけることが賢明です。

時計の手入れで忘れてならないところ

時計の手入れと言っても、昔の時計ならともかく、最近のものはほとんどがデジタル化し、防水機能を備え、電池もソーラーで、しかも電波で時刻合わせができるので、全くいじる機会はありませんので、手入れも不要と言っていいくらいです。
しかし、一か所だけは自分で手を入れないと予期できなかった失敗と結びつき、後悔することとなるので注意が必要です。
それは時計そのものでなく、バンド部分のことです。
革製であれば、汗や雨なので傷むこととなりますので、日陰干しをするとか、乾いたタオルで水分をふき取るようなことを省くことはできません。
怠ると、弱くなった部分から傷が広がり、修復不可能になることもあります。
また金属製の場合は、汗や雨には強いのですが、埃がたまりやすいということがあります。
そして、付着した埃と新しい水分が結びつくと、汚れた水となって、ワイシャツの袖口などに色の変化をもたらします。
白いワイシャツなどは一たまりもなく、クリーニングで落ちないようなこともあります。
適当な時期を見て、歯ブラシと液状洗剤で洗うことが必要になります。
ゴム製のバンドも、よく観察し、特に埃汚れは放置しないことが賢明です。

check

リフォームを杉並区で検討

Last update:2018/1/5

Copyright (c) 2015 good watch life. All rights reserved.